« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月22日 (日)

BRM221東京300満喫相模湾 振り返り

昨晩、Facebookには結果を記載しましたが、2月のBRM111東京200に引き続き、今月は、BRM221東京300満喫相模湾に出走しました。

300kmのブルベは2013年に一度BRM511宇都宮300で大雨の中、初出走、完走しましたが、2度目の挑戦です。
今回は期待していた晴天ではありませんでしたが、天候的には恵まれていました。

0.スタート前
2/21 午前4:00。まだ真っ暗な中、受付開始です。場所は等々力緑地、川崎市民ミュージアムの駐車場側です。
自宅を出たのは2:45。自宅から自走で約20km。寒かった、の一言です。

1

4:30からブリーフィング、そして4:45分頃、車検。コマ図(iPhone)、サイコンをスタートさせ、スタートです。

1.スタート〜PC1(平塚) 47.5km
スタート後、中原街道沿いに走り、その後平塚方面へ。
ここまでは快調に走り、平坦路で27ー32km/h位で巡航していました。
PC1のデイリーヤマザキ平塚北豊田店到着時間では、1時間20分くらいの貯金ができました。
これなら今日は順調に行けるのかな、などと勘違いしてしまいました。
富士山もキレイに見えていました。(写真を撮った時は雲が…)

2

3

2.PC1(平塚)ーPC2(伊東八幡野) 82.3km
平塚からは、国道1号を目指していきます。
1号から135号へ向かう、早川口の辺りで、渋滞開始。車道の左側の路側帯まで車がはみ出し、時間をロスします。その後の真鶴旧道も渋滞していました。
この辺、渋滞時は自転車の方が速いですね。ポルシェやフェラーリも追い越した際は、勘違いした優越感に浸りました。
しかし真鶴の旧道はアップダウンが多く、上りでは徐々に体力が失われていきます。
網代、熱海を通過し、伊東へ。そして中伊豆へ。
ここから大室山を登ります。勾配10%を超える上りが延々と続きました。今回の私はここで脚を使い切ってしまいました。
他の参加者の方達も、同様だったようです。
何とか上りきり、そして今度は急な下り、PC2 セブンイレブン伊東八幡野店に到着です。
それでも何とか1時間20分の貯金が残りました。
PC2では写真を撮る余裕もなく…。地面に座ってお稲荷さんを食べていました。

3.PC2(伊東八幡野)ーPC3(横須賀御幸浜) 114.8km
今回のブルベ、PC間が最も長かったのがこの区間。
城ヶ崎から国道135号へ、そして再び真鶴道路(旧道)を逆方向から走ります。
大室山で脚を使い切った後では、ちょっとした上りでも堪えます。
何度も適当に休憩を取りながら走りました。

5

途中、2回ほどメカトラ。一度はチェーン外れ、もう一回は稲村ヶ崎でリアディレーラーに不調が発生、自ら修理作業をしていました。
おまけにサイコン2つ、iPhone共にバッテリー切れ。エネループで充電です。
由比ヶ浜近辺のコンビニで休憩した時には、今回はリタイア、DNFした方が良いかな、とかなりの確率でそう思っていました。連絡先電話番号を確認していたくらいです。
そのコンビニで会った同じブルベの参加者と会話し、時間微妙だけど、何とか次(PC3)までは行ってみよう、と。
幸い、134号〜渚橋〜秋谷方面は普段も自分で走っている道なので、土地勘もあり、何とかPC3のファミリーマート横須賀御幸浜店に到着。最初は間違ってその手前のファミマに寄ってしまいました(^^;)
ここまでで時間制限の余裕は50分に減っていました。

4.PC3(御幸浜)ーPC4(ゴール武蔵中原)  57.4km
さて最後の走りになりますが、時間が微妙です。
まずは秋谷から湘南国際村を経由します。ここも勾配10kmを超える坂があります。但し大室山とは違い、上りの距離は短く、上った後には下りがあります。
その後は横浜。八景島方面から磯子方面を抜け、みなとみらいを経由して行きますが、みなとみらい近辺は渋滞と路上駐車でなかなか進みません。
時間との闘いで心の余裕がなくなっていきます。
その後はひたすらペダルを漕ぎ続け、何とかゴールのセブンイレブン武蔵中原に到着。時間制限30分前のゴールでした。
そして、ゴール受付のためデニーズへ。
先にゴールした参加者達の間も疲労感が漂っていました。
勿論、私も…。
ゴールの写真も撮り忘れました。それだけ余裕がなかったんですね。
何はともあれ、完走できました。次のブルベはまだ決めていませんが、また走ると思います。(実は千葉の400kmにエントリーしようとしていたのですが、定員オーバーで締め切られた後でした)
今日は爆睡していましたが、体のあちこち(特に右膝)が痛んでいます。
明日は会社。今晩も早寝です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »