« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月13日 (火)

BRM111東京200はとバス 振り返り(4)Goal

これでコースの振り返りは最後のエントリーです。

4.PC3(西五反田) → PC4(一番町)
この区間は僅か11.9km。
更にPC4は当日の朝のブリーフィングで説明があり、通過チェックのみで時刻指定なしに変更になりました。
ここからは、白金・三田を通り、桜田門へ。
そして、皇居を周回し竹橋経由でPC4 ファミリーマート一番町店へ。
この区間は全区間に引き続き、ブルベ参加者とほぼ一緒に走りました。その方は普段から走り慣れているようで地元走りをしていました。私も横浜でそうでしたが、普段知っている道を走るのは気分的にもだいぶ楽になります。
途中、東京タワーを撮影。

10

自転車にまたがったままでぶれぶれです。

14

ここでは最後の元気出しに、マカの元気ドリンクを飲みました。
5.PC4(一番町) → ゴール(駒沢オリンピック公園内)
最後の区間は14.7km。何とか時間内にはゴールできる見込みがつきました。
とはいえ、この区間、意外とアップダウンがあり、かつ車の流れも多く、スンナリと進めそうにはありませんでした。
麹町からホテルニューオータニ前を通って、外堀通り経由で迎賓館前を通過。
既に日は暮れており、迎賓館もはっきりとは見えませんでした。
その後、神宮外苑周回、原宿駅前を通過します。原宿は人が溢れていました。何かブルベで走行している自分が完全な場違い…
その後は世田谷区内を走り、ゴールの駒沢オリンピック公園西門を入っていきました。

1_2

写真を撮ってもらいましたが、表情はへとへとでした(^^;)

2_2

受付ではスタッフの方や先着ゴールされた方が温かく迎えてくれました。
結局制限時間前22分(13時間8分)、というギリギリの時間になりました。
スタッフの方には深夜・早朝からこの時間まで本当にありがとうございました。
同ブルベに参加された方、また別の機会でお会いできる日を楽しみにしています。

次回からは今回のブルベ参加の装備類について、自身の備忘録を兼ねてエントリーする予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月12日 (月)

BRM111東京200はとバス 振り返り(3)

全エントリーからの続きです。

3.PC2(三浦海岸) → PC3(西五反田)
三浦海岸でちょっと長めの休憩をとり、再スタートです。
この区間は67km。
最初の関門は湘南国際村。ここの上り(最大で10%)は疲れた体には結構堪えます。
何とか頂まで来ると、次は下り。晴れの日の下りは大好きです。
この後、再び自宅付近を通過することになります。DNFの誘惑との闘いです。
横浜で閉口したのは、みなとみらい地区の渋滞。
路側帯にはみ出て走行している車、路上駐車の車。どんどん時間を食われてしまいます。
横浜付近では、同じブルベの参加者と軽く雑談しながら走行。
一人きりで走るより、元気が出ます。
段々風が出て来て、しかも向かい風。
疲れと重なり平坦でも速度が上がりません。22-23kmの走行が続きました。
無論、上りでは速度低下が著しく…。
それでも何とかPC3の西五反田のセブンイレブンに到着。
レッドブルを飲み、シュークリームを食べ、サイクルボトルの水を補給して再スタートをしたのは既に16:50。余裕時間が50分に減りました。
三浦海岸での休憩時間の長さ(30分くらい)と疲れが脚に出たのと渋滞と諸々が重なったのでしょう。

7

なのにここまでしっかり休憩してしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BRM111東京200はとバス 振り返り(2)

前エントリーの続きです。

2.PC1(大磯) → PC2(三浦海岸)
PC1からは、今来た道を途中まで戻る感じで海岸線をひたすら三浦海岸を目指して走ります。この区間の距離は43.7km。
PC1までの海岸線は、富士山(きれいだった)を目指す感じで走っていましたが、今度はその逆で富士山をバックに走ります。
空いていれば快適な道なのですが、何せ日曜日。車が渋滞しています。
渋滞がなければ青い海を眺めながら、江ノ電と競争しながら走れる好きなコースです。
渋滞の車列の左サイドの路側帯側を走りますが、当然スピードは出せません。
おまけに、寝不足から来ている、と思われる疲労感が早くも押し寄せます。PC2まで残り10km位の地点では、先行しているブルベの参加者とすれ違い、手を振りながら激励交換です。
今回は久々のブルベですが、初のDNFもあるかな、という感覚も脳裏に。
今回のコースはここまで地味なアップダウンが繰り返されています。
それでも何とか、PC2のファミリーマート三浦海岸店に辿り着きました。
ここではトイレ休憩の後、いなり寿司とプリン、それにお茶と水を補給。
レシートの時刻は12:00。余裕時間は1時間10分となりました。

6

5

海はキレイです。
ゆっくり休憩したいなぁ。
(続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BRM111東京200はとバス 振り返り(1)

1月11日に参加したブルベ200km BRM111東京200はとバスの振り返りレポです。

0.ブルベ スタート前
朝6:00がスタート時間。5時から受付・ブルベカード交付、5:30ブリーフィング、5:45車検、という流れでした。
朝(深夜)3:15に起床。朝食を食べてから、横浜自宅から自転車(Roubaix Expert SL4 '13モデル)を車のトランクに積んでスタート。
スタート地点(駒沢オリンピック公園)近隣のTimesの駐車場へ。
(24時間Max 1200円)
自転車でスタート地点まで26km自走しようかと思いましたが、久々のブルベ、疲労は最小限に、と考え車で行きました。

1

午前4:50。周囲は未だ暗く朝ではなく、深夜の状況でした。
自転車のグローブを外すと、途端に寒さを感じました。まずは自販機で熱いコーヒーを。
午前5:00。受付開始です。

2

参加者(約50名)が徐々に集まり始め、誓約書を提出、ブルベカードを受け取り、必要事項を記入します。
午前5:30。ブリーフィングです。
コースの注意点、変更箇所の説明です。
今回のコースは、時間を稼げる場所が殆どなく、特に復路の都内は信号と渋滞で思いの外、時間が掛かるので、注意が必要、とのことでした。
午前5:45。並んで順番に車検です。
  • 反射ベスト
  • 前照灯
  • 尾灯(2個以上必要)
  • ヘルメット尾灯
  • ベル
に加え、携帯電話(連絡用)の所持を確認します。
車検終了後、順次スタートです。
私もサイコンの設定、iPhoneのコマ図を確認、ブルべカードをケースに入れて、スタートしました。
1.スタート(駒沢オリンピック公園) → PC1(大磯)
この区間は、いきなり、63.8kmです。
都内から丸子橋を渡り、中原街道・綱島街道へ。
平坦を25km位で軽めのギアで漕いでいきました。
新横浜ではブルベスタッフの方がいて、なるべく集団で固まらず、2-3人ずつ分かれて走るように、という指示が出ます。
途中、横浜の自宅近辺を通過し、鎌倉方面を目指します。
難所、は特にないかと思ったのですが、天神下から赤羽方面へ向かう際、湘南モノレールの高架沿いに進む所の上り坂が時折、傾斜10%。序盤で脚を削られないように、ゆっくりしたペースで走行です。空腹感を感じ、バランスオンminiケーキ(栄養ぎゅっと1食分)を食べながら走りました。
腰越橋からは、R134。海沿いをひたすら大磯まで走ります。
PC1は大磯駅入口のファミリーマート。
トイレに行ってから、おにぎり(辛子明太子)とお茶、水を購入。店外で飲食。
時刻は9:15。
時間的には、リミットに対し1時間の余裕です。

4_2

3

天気は快晴。ブルベ参加4回目にして初めての晴天です。
(次回に続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BRM111東京200 完走しました

今年初めてのブルベを走ってきました。
ランドヌ東京の新しいコース、「BRM111東京200はとバス」です。
今の自分に200kmを時間内に走りきれるかという若干の不安と、久々のブルベを楽しみに
走りました。

駒沢公園をスタートし、まずは横浜、鎌倉を経由し、大磯へ。
大磯から一路、三浦海岸へ。
三浦海岸からは、湘南国際村を経由し、八景島、みなとみらいを経て、五反田へ。
五反田からは、桜田門、皇居周回をして、一番町へ。
最後は、赤坂、迎賓館、神宮外苑、原宿を経て、駒沢公園のゴールに向かいました。

コースや装備については、また別途エントリーしますが、まずは完走のご報告です。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 3日 (土)

1月のライド 2015新年初ライド

駅伝の感動に浸りながら、新年の初ライドに出掛けました。
来週末のブルベに向け、自転車機材が増えています。
今日の行く先は、八景島。天気に恵まれていました。



来週はまずは200kmのブルベ。
キューシートを基に、コマ図を作成し、iPhoneに搭載の予定です。

とはいえ、明日の日曜日から出勤開始。
準備の時間がちゃんと取れるのか…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 1日 (木)

新年のご挨拶

本年もよろしくお願いします。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »