« キャンプ | トップページ | iPad 2 入手しました »

2011年5月 7日 (土)

WM3500R ファーム Ver.2.0.0からVer.1.1.0へ

4/25のエントリーでAterm WM3500Rのアップデートの報告をしましたが、昨日元のVer.1.1.0へ戻しました。

私の使用環境では新ファームのVer.2.0.0では不安定で使い物にならない状況になってしまいました。
私が接続していたのは、
・MacBook Pro
・iPad
・iPhone 4/3GS
・XPERIA arc
・Nexus One
といったところですが、いずれにおいてもしばらく(15分〜30分)程度使用しているだけで、インターネットに接続されていない、という状態になってしまいました。
復活するためにはWM3500Rの電源On/Offをするしかない、という状況でした。

今までWEBでアップされている情報を元に、様々設定を変更したり、初期化したり、ファームの焼き直しをしてみたりしましたが、残念ながら状況は改善されませんでした。

そこで昨日、本当にファームの影響なのか、違うところに要因があるのか、元のVer1.1.0へのダウングレードを実施しました。
ダウングレードの方法はMac側からクイック設定WEBを使用し、ファイル(Ver1.1.0)を直接指定して実施しました。

以降、Ver2.0.0の時に起きていたような不安定な状況は発生していません。

次のファームアップデートまではこのままで使用を継続したいと思います。

こんなWM3500Rの状況もあり、普段使いはURoad-7000がメインになっていました。
URoad-7000は安定性、電波の掴みに関しては、非常に満足しています。

|

« キャンプ | トップページ | iPad 2 入手しました »

コメント

こんにちは。
メディアのサイトでは、良いことばかり書かれていたのですが
実際には、いろいろ問題が有るのですね・・・(゚Д゚)
私も近いうちにWM3500Rへ乗り換えようと思っていましたが
当分、アイオーWMX2-U01(B級品)+WM3300Rの2台体制維持かなw

投稿: pepsiman_koza | 2011年5月 7日 (土) 15:11

機能を加えるのは嬉しいことですが、基本的な安定性を高めて欲しいですね。
URoad-7000はその点では満足度が高いです。

投稿: BJ | 2011年5月 7日 (土) 15:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131200/51603090

この記事へのトラックバック一覧です: WM3500R ファーム Ver.2.0.0からVer.1.1.0へ:

« キャンプ | トップページ | iPad 2 入手しました »