« [iPhone]機種変更試算 | トップページ | 昔のビデオの取り込み »

2009年7月20日 (月)

[Mac]MacBookメモリー&HDD交換終了

連休の最終日、メモリーとHDDの交換を行いました。

内蔵HDD:
WESTERN DIGITAL
2.5インチ内蔵HDD Serial-ATA 5400rpm 320GB 8MB WD3200BEVT

メモリー:
上海問屋セレクト SODIMM DDR2 PC2-5300 2GB x2枚

外付けHDDケース:
2.5インチSATAハードディスク USB2.0 外付けケース Donyaダイレクト

工具類:
トルクスドライバー T8
精密ドライバー(+)
1円玉(コインねじ用)

交換作業はいたって簡単。まずはメモリーから。

  1. バッテリーを外し(コインねじ)、メモリーガード(L字形の金属プレート)の3カ所を精密ドライバーで外し、メモリーガードを外す。
  2. レバーをスライドさせ、既存のメモリーカードを2枚外す。
  3. 新しく購入したメモリーを挿す。
  4. (メモリーガードはどうせ後でHDD交換時にまた外すので外したまま)
    レバーに気をつけながらバッテリーを装着し、コインねじを回す。

とこれでまずはメモリー交換終了。

HDD交換前に実施し、動作確認。メモリーから先に交換したのは、HDDの転送速度にメモリーがあった方が有利では、という思いから。

次に、HDDですが、交換前にまずは外付けケースに新しく購入したHDDを装着し、既存の内蔵HDDの中身をまるごと、復元することにしました。

使用したソフトはMacBook標準のディスクユーティリティのみ。

  1. 通常通り、内蔵HDDから起動したMacBookに新しいHDD(ケース装着)をUSB接続
  2. 「初期化」を選ぶ→ディスクユーティリティ起動
  3. パーティションをとりあえず1パーティションに
  4. 名前:適当に
  5. フォーマット:Mac OS 拡張(ジャーナリング)
  6. パーティション方式:GUIDパーティションテーブル…オプション選択後

これでフォーマットされます。

続いて、今のHDD内容をそのまま新しいHDDに「復元」

  1. ディスクユーティリティの「復元」タブを選ぶ
  2. ソース:内蔵HDD(今まで使っていたHDD)…左側からドラッグ&ドロップ
  3. 復元先:USB接続HDD(新しいHDD)…同じく
  4. 最後に復元ボタンをクリック

これで延々とデータコピーが実行されます。

で、データコピーが終了したら、一度システム終了し、念のためUSB接続された新しいHDDからMacBookを起動(Optionキーを押しながら電源投入し、画面に表示される二つのHDDからUSB接続のものを選択)してみました。

無事起動!(USB接続なので遅いが)
VMwareFusionも起動し、VISTA、XPがそれぞれ起動することを確認。

最後にHDDを交換。

  1. 先程のメモリー交換と同じようにバッテリーを外し、(メモリーガードは先程から外したまま)HDDについている白いベラを引っ張って、内蔵HDDを外す
  2. HDDに取り付けられたディスクマウンタの側面のねじ(4カ所)をトルクスドライバー(T8)で外し、新しいHDDに付け替える
  3. 新しいHDDを本体に押し込み、白いベロを格納
  4. メモリーガードを精密ドライバーで再度装着する
  5. バッテリーを取り付け、コインねじを締める

これで全工程が終了です。

あとは無事に起動できることを確認し、システム起動後、起動ディスクとして新しい内蔵HDDを指定すれば、次回からの起動は速くなりました。

HDD容量に余裕ができ、メモリーを増やしたことにより、VMwareFusion経由のVISTA、XPの速度的なストレスも減りました。

全て文章で書きましたが、文章だけだとわかりにくいですね。
まあ、自分用の次回(?)のための備忘録ということで。

|

« [iPhone]機種変更試算 | トップページ | 昔のビデオの取り込み »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131200/45690761

この記事へのトラックバック一覧です: [Mac]MacBookメモリー&HDD交換終了:

« [iPhone]機種変更試算 | トップページ | 昔のビデオの取り込み »