« [iPhone]DRC-BT15 | トップページ | [iPhone]機種変更試算 »

2009年7月18日 (土)

[Mac]Fusion2へXPアップグレード版をインストール

MacBookでVMware Fusion 2を利用し、Vistaをインストール(WindowsUpdateにてServicePack2まで何とかこぎ着けた)しましたが、調子に乗って今度はXP Professionalもインストールしてみることにしました。

ところが私の持っているXPは2枚ともアップグレード版(ServicePack1)。
インストールの途中、以前のOSのCDに入替が発生します。

VMwareライブラリを起動し、新規を選択、XPのCDを入れてインストール開始したところ、案の定、ディスク入替の指示が出ました。

どうやってCDを入れ替えるのか、ちょっと途方に暮れましたが、メニューの"仮想マシン"の中に"CD/DVD"というサブメニューがあり、"接続"と"切断"を選べることを発見。

そこで切断を選択すると、Leopard側にCDのアイコンが顕れ、これをゴミ箱へ。
CDが排出されたので、そこにWindows2000のCDを。
そして、VMwareのメニューの"仮想マシン"→"CD/DVD"→"接続"。

これによって、Win2000のCDが認識され、次のステップに進むことができました。

その後は再びXPのディスクへ入替。

これでXPのインストールが継続されました。

新しいHDDが手元に届くまでに、今のHDDの中で環境を改めて構築。

  • Leopard10.5.7 + Office Mac 2008 + ATOK2009
  • Windows Vista ServicePack2
  • Windows XP Professional ServicePack3

HDD交換はサクッと、という計画です…
思惑通りに進めば良いのですが…

(追記)
ディスクの入替ですが、単にイジェクトキーを押せば良かっただけのようですね。
別のソフトのインストール時に試してみたところ、OKでした。
XPインストールの時も試してダメだったので、上記の方法をとったんですけれどね。

|

« [iPhone]DRC-BT15 | トップページ | [iPhone]機種変更試算 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131200/45669430

この記事へのトラックバック一覧です: [Mac]Fusion2へXPアップグレード版をインストール:

« [iPhone]DRC-BT15 | トップページ | [iPhone]機種変更試算 »