« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月26日 (日)

昔のビデオの取り込み

以前撮りためた8mmビデオのテープ。
いつかはPCに取り込まないと、と思いつつズルズルと…。

まずはMPEGキャプチャーを購入、と思いましたがMac用は高い!
で、結局BUFFLO製のUSB接続MPEGキャプチャー PC-SDVD/U2を購入。
取り込み自体はWindowsPCですることにしました。

10年ぶり(以上)に使用したSONYの8mmビデオウォークマンは何とか無事に動きました。

しかし問題は肝心なソース。
変換の問題ではなく、オリジナルのテープの画像が乱れています(>_<)

とりあえず取り込みは始めたものの一番肝心なテープがいずれもダメダメ。
(13年前の結婚式のビデオ)

MacBook用にはこれからのビデオ編集に備え、1TB外付けハードディスクを購入しました。
Western Digital My Book Studio Edition

早くDVの編集をやりたいのですが、まずは昔のアナログビデオの取り込みに追われそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月20日 (月)

[Mac]MacBookメモリー&HDD交換終了

連休の最終日、メモリーとHDDの交換を行いました。

内蔵HDD:
WESTERN DIGITAL
2.5インチ内蔵HDD Serial-ATA 5400rpm 320GB 8MB WD3200BEVT

メモリー:
上海問屋セレクト SODIMM DDR2 PC2-5300 2GB x2枚

外付けHDDケース:
2.5インチSATAハードディスク USB2.0 外付けケース Donyaダイレクト

工具類:
トルクスドライバー T8
精密ドライバー(+)
1円玉(コインねじ用)

交換作業はいたって簡単。まずはメモリーから。

  1. バッテリーを外し(コインねじ)、メモリーガード(L字形の金属プレート)の3カ所を精密ドライバーで外し、メモリーガードを外す。
  2. レバーをスライドさせ、既存のメモリーカードを2枚外す。
  3. 新しく購入したメモリーを挿す。
  4. (メモリーガードはどうせ後でHDD交換時にまた外すので外したまま)
    レバーに気をつけながらバッテリーを装着し、コインねじを回す。

とこれでまずはメモリー交換終了。

HDD交換前に実施し、動作確認。メモリーから先に交換したのは、HDDの転送速度にメモリーがあった方が有利では、という思いから。

次に、HDDですが、交換前にまずは外付けケースに新しく購入したHDDを装着し、既存の内蔵HDDの中身をまるごと、復元することにしました。

使用したソフトはMacBook標準のディスクユーティリティのみ。

  1. 通常通り、内蔵HDDから起動したMacBookに新しいHDD(ケース装着)をUSB接続
  2. 「初期化」を選ぶ→ディスクユーティリティ起動
  3. パーティションをとりあえず1パーティションに
  4. 名前:適当に
  5. フォーマット:Mac OS 拡張(ジャーナリング)
  6. パーティション方式:GUIDパーティションテーブル…オプション選択後

これでフォーマットされます。

続いて、今のHDD内容をそのまま新しいHDDに「復元」

  1. ディスクユーティリティの「復元」タブを選ぶ
  2. ソース:内蔵HDD(今まで使っていたHDD)…左側からドラッグ&ドロップ
  3. 復元先:USB接続HDD(新しいHDD)…同じく
  4. 最後に復元ボタンをクリック

これで延々とデータコピーが実行されます。

で、データコピーが終了したら、一度システム終了し、念のためUSB接続された新しいHDDからMacBookを起動(Optionキーを押しながら電源投入し、画面に表示される二つのHDDからUSB接続のものを選択)してみました。

無事起動!(USB接続なので遅いが)
VMwareFusionも起動し、VISTA、XPがそれぞれ起動することを確認。

最後にHDDを交換。

  1. 先程のメモリー交換と同じようにバッテリーを外し、(メモリーガードは先程から外したまま)HDDについている白いベラを引っ張って、内蔵HDDを外す
  2. HDDに取り付けられたディスクマウンタの側面のねじ(4カ所)をトルクスドライバー(T8)で外し、新しいHDDに付け替える
  3. 新しいHDDを本体に押し込み、白いベロを格納
  4. メモリーガードを精密ドライバーで再度装着する
  5. バッテリーを取り付け、コインねじを締める

これで全工程が終了です。

あとは無事に起動できることを確認し、システム起動後、起動ディスクとして新しい内蔵HDDを指定すれば、次回からの起動は速くなりました。

HDD容量に余裕ができ、メモリーを増やしたことにより、VMwareFusion経由のVISTA、XPの速度的なストレスも減りました。

全て文章で書きましたが、文章だけだとわかりにくいですね。
まあ、自分用の次回(?)のための備忘録ということで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月18日 (土)

[iPhone]機種変更試算

もし私がSBで機種変更したら、という私的な試算です。

iPhone 3G:

2008年7月契約、割賦払い(スーパーボーナス)
残金:3,660円 × 15ヶ月 = 54,900円

iPhone 3GS:

割賦:3,180円 - 月月割:1920円 = 1,260円

毎月の支払増減(他の通信に関する契約は変わらないとして)

(3,180-1920)+1,760=3,020円up/月

という試算になりますね、私の場合。

やっぱり香港版か、待ちか…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Mac]Fusion2へXPアップグレード版をインストール

MacBookでVMware Fusion 2を利用し、Vistaをインストール(WindowsUpdateにてServicePack2まで何とかこぎ着けた)しましたが、調子に乗って今度はXP Professionalもインストールしてみることにしました。

ところが私の持っているXPは2枚ともアップグレード版(ServicePack1)。
インストールの途中、以前のOSのCDに入替が発生します。

VMwareライブラリを起動し、新規を選択、XPのCDを入れてインストール開始したところ、案の定、ディスク入替の指示が出ました。

どうやってCDを入れ替えるのか、ちょっと途方に暮れましたが、メニューの"仮想マシン"の中に"CD/DVD"というサブメニューがあり、"接続"と"切断"を選べることを発見。

そこで切断を選択すると、Leopard側にCDのアイコンが顕れ、これをゴミ箱へ。
CDが排出されたので、そこにWindows2000のCDを。
そして、VMwareのメニューの"仮想マシン"→"CD/DVD"→"接続"。

これによって、Win2000のCDが認識され、次のステップに進むことができました。

その後は再びXPのディスクへ入替。

これでXPのインストールが継続されました。

新しいHDDが手元に届くまでに、今のHDDの中で環境を改めて構築。

  • Leopard10.5.7 + Office Mac 2008 + ATOK2009
  • Windows Vista ServicePack2
  • Windows XP Professional ServicePack3

HDD交換はサクッと、という計画です…
思惑通りに進めば良いのですが…

(追記)
ディスクの入替ですが、単にイジェクトキーを押せば良かっただけのようですね。
別のソフトのインストール時に試してみたところ、OKでした。
XPインストールの時も試してダメだったので、上記の方法をとったんですけれどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月17日 (金)

[iPhone]DRC-BT15

VGP-BRM1の音飛びが激しいことと、大きすぎることから、DRC-BT15を購入しました。

HBH-DS205と迷いましたが、決め手はマルチペアリング。

あっさりとiPhoneと接続でき、歩きながら試してみましたが、今のところ音飛びなし。

相変わらず曲送り/戻しはできないものの、それはiPhone側の問題ですので、アップデートで改善されることを願います。

※今度はイヤホンのコードの長さが気になってきた…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Mac]久々のMacBook

今までMacBook(MB062J/B)では、BootCampでMacOSとWindowsVistaを切り替えながら使っていましたが、OSの切替の都度、再起動が必要なので面倒くさくなり、Windows側は使用しなくなっていました。

Windows Vistaの使用はThinkPad X61で、という感じになり、そのうちMacBook自体をあまり使用しなくなっていました。

けれど、久々にMacBookをいじっていたら、やっぱりこっちをメイン機にしようかなぁ、と思えてきました。

そこで、昨晩、VMware Fusion 2をインストール。(Parallelsとさんざ迷いました)

再起動不要なのは良いのですが、やっぱり私のMacBookの2GBのメモリでは…

というわけで、メモリを4GBにすることにしました。(上海問屋でポチ…安さに驚きました)

ついでに(?)ハードディスクの容量も120GBでは不足感が否めないので、320GBをこれまたポチッ…。

到着が楽しみです(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月15日 (水)

[iPhone]VGP-BRM1でBluetooth接続

せっかく、iPhone 3GをOS 3.0化したので、まずは手持ちのVGP-BRM1を使ってワイヤレス環境を試してみました。

ペアリングはあっさり終了。
VGP-BRM1ではOPRボタンを7秒長押し、iPhone側ではBTをONにし、パスコード0000を入力すればOK.

VGP-BRM1からのコントロールでは、再生/停止、音量のみ可能で、残念ながら曲送り/戻しはできませんでした。

音飛びの方はじっとしている状態ではさほど気になりません(1曲に1回くらい飛んだ)が、歩行状態ではかなり飛びました。

新しいBTステレオヘッドセットが欲しくなってきました。VGP-BRM1は大きいし…

マルチペアリングが可能で、小型で、今のヘッドホンが使えて、というと限られてきますね。

即ポチかな…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月12日 (日)

[iPhone]Unlock成功

3GS香港版に悶々としながら、突然思い立ち自分のiPhone 3G(OS 3.0)のアンロックをやってみました。

JailBreakには母艦のX61(Windows Vista)に、
redsn0w-win_0.7.2.zip
をダウンロードし、使用しました。

Img_0271

実施にあたっては、その名もズバリの
iPhone 3.0をジェイルブレイク&アンロックする10のステップ
と、
iPhone 3.0 脱獄
の記事を参考にさせていただきました。

時間にして約30分位だったでしょうか。

脱獄時に使用したものは、
・redsn0w-win_0.7.2

と、ファームは、私のVistaでは、
C:\Users\ユーザ名\AppData\Roaming\Apple Computer\iTunes\iPhone Software Updates
の中にあった、
・iPhone1,2_3.0_7A341_Restore.ipsw
を使用しています。

あとは、Cydiaから
・ultrasn0w
をインストールし、完了。

早速、docomoのSIM(BlackeBerry Bold用)にて実験。

Img_0273

更に、中国移動通信のSIMをセットし、APNを指定し、実験。

没問題です。

しかしこの実験の成功により、香港版iPhone3GSの入手理由が…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[iPhone]3GS香港版

香港で3GSが発売になりましたね。

既にゲットに向けて動いている人も多数いるようですね。

Apple香港のWEBや買物隊、無問題のWEBを眺めています(^^ゞ

私のSoftBank版iPhene3Gは昨年7月購入でまだ支払が残っています。

計算中…

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年7月 2日 (木)

[iPhone]既存のメールアドレスの利用

他の方のブログでも(単身赴任でブログする?Vo.2)でもエントリーされていますが、iPhoneでのMMS開通に伴い、他の電話番号(SIM)で使用しているメールアドレスをiPhone用に設定したいという方は多いかと思います。

しかしながら、現段階ではこれはできません。

以前も他の端末で同じことを使用とした際、やはりできなくてソフトバンクに問い合わせをしましたが、回答者によって答が異なる結果になっていました(^_^;)

で、今回のiPhoneでのMMSサービス開始に当たってはもしかして可能に?などと思い、トライしましたが、結果は同じでした。

再度、ソフトバンクに問い合わせを行ったところ、以下の回答をメールで得ることができました。

◆私がやりたかったこと
プリモバSIM(私名義)で使用していた****@softbank.ne.jpのアドレスを、iPhone用SIMで使えるようにしたい。

◆やったこと
プリモバSIMのアドレスを別のものに変更。
iPhone用のSIM(電話番号)でこのプリモバで使用していた元のアドレスに変更。

◆結果:NG

◆ソフトバンクからの回答(抜粋)

この度は、メールアドレスの変更につきまして、ご不便をおかけし、
誠に申し訳ございません。

お客さまのご認識のように、以前使用されていたアドレスにつきま
しては、一定期間経過した後でなければ再度使用することができません。
何卒ご了承下さい。

なお、一定期間経過後に他のお客様より使用された場合には、ご利用
いただくことができませんので、あらかじめご了承下さい。

メールにてお問い合わせいただいたにも関わらず、この様なご返答と
なり、弊社といたしましても心苦しい限りでございますが、何卒ご理解
賜ります様、お願い申し上げます。

今後ともソフトバンクモバイルをご愛顧いただきます様、お願い申し上げます。

以前の実経験(別の端末)では60日後(一定期間というのは約60日らしい)に使用できるようになりました。
(自分が変更をする前に他の人が同じアドレスに変更してしまったら意味がなくなります)

今度も60日待つか、それとも別のアドレスで使うか…

※かなり以前はできた、という話も聞いたことはあります。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »