« W-ZERO3購入後の用途 | トップページ | W-ZERO3応援します! »

2005年10月23日 (日)

W-ZERO3とPalm−使い分けその1

前回のエントリーでW-ZERO3購入後の使い分けについて考えてみると書きましたが、その続です。

(1)W-ZERO3を中心にした使い分け

この場合、通信関連(ネットやWEB)はW-ZERO3を使用することとなり、Palmの役割は専らPIM、つまり手帳としての使い方に変わります。
そうすると携帯電話も今のように、とにかくBluetooth対応のもの、という制限はなくなり、自由に選べるようになります。
この場合のPalmの使い方は(私自身の以前の使用方法はそうでしたが)、手帳としてのPalmという使い方になります。
スケジュール、アドレス、ToDoとメモがさっと使えることが第一優先になります。そうすると今の所有しているPDAではTungstenCが最適かな、と思います。
で、Treo650は控えにまわし、PIMの同期化だけはしっかりして、海外出張時にはTreo650を持ち歩くという事になるかと思います。
もう一つの選択肢としては、携帯を買い換えて、海外でもそのまま使用できる、(例えばNOKIA6680)ものにすると「実用的には」Treo650も不要となります。だけど実際には「実用的」以上に嗜好性の問題が出てきますが…

私の場合、手帳機能に限定した場合は、断然Palmが良い、と思うものがあります。さっと取り出し、さっと使用する、それが私が手帳に求めるものですから。
TungstenCとTreo650を比較した場合、キビキビ感では私の環境ではTungstenCが圧倒的に優位に立ちます。
TungstenCの後継モデルはないんでしょうかねぇ…

|

« W-ZERO3購入後の用途 | トップページ | W-ZERO3応援します! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131200/6535591

この記事へのトラックバック一覧です: W-ZERO3とPalm−使い分けその1:

« W-ZERO3購入後の用途 | トップページ | W-ZERO3応援します! »