« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005年10月31日 (月)

Treo650 Agendus不調

Treo650で最近はPIMとして、Agendus Pro v10.01日本語版を使用していたのですが、不調です(;_;)

  • 予定入力、ToDo登録をキーボードから行おうとすると、入力するキーによって異常動作をし、まともな入力が出来ません。これはATOKをONにしている時もOFFにしている時も同じです。(メモ入力では問題なし)
  • Agendus Mailで、メニューの「メール」を選択すると、メニューが正しく表示されません。(文字列の左側が欠けている)

これでは実用上、AgendusPro(PIM)の方は使い物になりません。そこで試しに英語版を入れてみました。日本語版と同じくv10.01 build 621です。

結果…   問題解消! 快適です!

英語版でも日本語表示は何も問題ないので、このまましばらくは英語版を使うことにしました。メールの方は実害がないので、そのまま日本語版を継続して使います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年10月30日 (日)

W-ZERO3関連ブログ

au2005さんのブログでau2005のW-ZERO3日記が始まりました。(勝手にご紹介させていただきました)

WPC2005を撮影した動画も掲載されています。私もこの動画を見て、「W-ZERO3はかなりでかい!」という印象が変わってきました。モデルの方の手の中にある姿を見る限り、電話として使っていても、ちょっと大きめ、程度の感覚かな、と思いました。

ますますワクワク感が高まっています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年10月26日 (水)

WPC EXPO2005

itokoichiさんの伊藤浩一のW-ZERO3応援団にW-ZERO3「からの」エントリがあがっています。実機に触れ、エントリーまで、というのはうらやましい限りです(^^)

私は自分の手元に届くまでガマン!と思っています…(^^ゞ

キーボードをスライドさせた感触等、しばらくは想像しています…

WPC EXPO行きたかったのですが、仕事が休めず…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月25日 (火)

M1000値下げ!ということは…

昨日ですが、横浜駅のヨドバシカメラで、M1000が

\29,900

で売られていました。

つい最近、\39,900に値下げされたばかりの筈ですが、この急落は何を意味するのでしょう!?

これは次機種のデビューが近いのでは、と期待感を持ってしまいました。
もし本当にそうだとしたら…
どんなモデルを出すのでしょう?
勿論、WCDMA+GSMのスマートフォンで、HTCのモデルか、NOKIAのモデルだと嬉しいのですが…

Vodafoneの方はNOKIA6680が出る予定ですから、そうそうスマートフォンを連発はしないかと勝手に思っていますが、FOMAは期待できるのでは?

でもそれが現実になったら、嬉しい悩みが始まりそうです…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月24日 (月)

W-ZERO3応援します!

遅ればせながら、私もサイドバーにバナーを貼らせていただくことにしました。
モバイルの大御所 伊藤さんの伊藤浩一のW-ZERO3応援団
エントリー記事に感じ入るものが多々ありました。

私も理屈でなく、ワクワクするガジェットに久々に出会う予感です。
これは以前の

  • Macintosh
  • HP200LX
  • Libretto 20
  • WorkPad

に初めて触れた時の感動にも似たワクワク感です。
発売になるその日まで頭の中でシミュレーションしながら楽しむ事にします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年10月23日 (日)

W-ZERO3とPalm−使い分けその1

前回のエントリーでW-ZERO3購入後の使い分けについて考えてみると書きましたが、その続です。

(1)W-ZERO3を中心にした使い分け

この場合、通信関連(ネットやWEB)はW-ZERO3を使用することとなり、Palmの役割は専らPIM、つまり手帳としての使い方に変わります。
そうすると携帯電話も今のように、とにかくBluetooth対応のもの、という制限はなくなり、自由に選べるようになります。
この場合のPalmの使い方は(私自身の以前の使用方法はそうでしたが)、手帳としてのPalmという使い方になります。
スケジュール、アドレス、ToDoとメモがさっと使えることが第一優先になります。そうすると今の所有しているPDAではTungstenCが最適かな、と思います。
で、Treo650は控えにまわし、PIMの同期化だけはしっかりして、海外出張時にはTreo650を持ち歩くという事になるかと思います。
もう一つの選択肢としては、携帯を買い換えて、海外でもそのまま使用できる、(例えばNOKIA6680)ものにすると「実用的には」Treo650も不要となります。だけど実際には「実用的」以上に嗜好性の問題が出てきますが…

私の場合、手帳機能に限定した場合は、断然Palmが良い、と思うものがあります。さっと取り出し、さっと使用する、それが私が手帳に求めるものですから。
TungstenCとTreo650を比較した場合、キビキビ感では私の環境ではTungstenCが圧倒的に優位に立ちます。
TungstenCの後継モデルはないんでしょうかねぇ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月22日 (土)

W-ZERO3購入後の用途

前回のエントリーではやや興奮気味にW-ZERO3について書きましたが、日を置いてちょっと冷静に自分の用途を考えてみました。

まず私の場合、会社でのスケジューラとの問題からPalmOS搭載のPDAは絶対必要。
というわけで、W-ZERO3を購入してもTreo650かTungstenCを使い続けることになります。特にTreo650の場合は、海外出張・旅行時には現地でのGSM携帯電話(通話とGPRS使用)として使用する、という用途があります。
通勤の電車の中では、片手で操作できるPDAが必要というニーズもあります。

現在、通信については家の外ではTreo650+W31Tの組み合わせでBluetoothがメインになっています。W31T側のBluetoothを常にONにしておけば、Treo650側だけの操作だけでネットにつなげることが出来るので、面倒くささもありません。
またW31T(CDMA WIN)の速度には満足しています。(パケット代の問題は別にして)
感覚的にはvodafone3GやFOMAよりも速いと思います。

WiFi機能についても現在はTreo650+EnforaWiFiAdapterの組み合わせがあります。それにもっと速度的に速く、かつ安定しているTungsenCもあります。

何か冷静に考えると私の場合、Treo650の代わりにはなりそうもありません。

現在はhp iPAQ hx2410も使用していますが、この用途は今は専らNetFrontを使用したオートクルーズ機能とメール受信です。メールの送信についてはごく簡単な返信を除いては、Treo650を使用しています。サムキーボードも購入しているのですが、残念ながら標準のメールに使用することが出来ないので、エディタを使う局面(殆どはTre650かTungstenCを使用)位しか、このキーボードは使えていないのが現状です。(結構入力はしやすいのですが)

という状況から考えると、私にとってW-ZERO3はhx2410の置き換え?ということになりそうです。
元々hx2410を購入したのは、WindowsMobileのPDAを使用してみたかったこと、WindowsMobile搭載のスマートフォンに魅力ある製品が多く出てきそうなので、先に慣れておきたい、といった願望からでした。
最近はようやく慣れてきて、毎朝のオートクルーズを楽しんでいます。Treo650やTungstenCのXiinoで文字化けしてしまうサイトもちゃんと見れますから。

こんな状況の私がW-ZERO3を購入した後のことをこれから少しずつ考えてみることにしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月20日 (木)

W-ZERO3登場!

main やはり本日発表になりましたね。
http://www.sharp.co.jp/ws/special/
のムービーも見ましたが、実物は見ていないものの即購入となる予感がします。何か久しぶりにワクワクするガジェットです。
既にいくつものBlogでも紹介されていますが私も書かずにはいられませんでした。

po3_illust1 自分の指が操作している姿を想像してしまう…

スペックは…

製品型番 WS003SH(B)
OS Microsoft Windows Mobile 5.0 software for Pocket PC 日本語版
CPU Intel PXA270 プロセッサ 416MHz
表示 640×480ドット、3.7型 65,536色 モバイルASV液晶(バックライト付)
メモリー Flash128MB(本体システム領域等含む)/SDRAM64MB(ワークエリア)
通信機能 PHS(W-SIM)対応/ワイヤレスLAN(IEEE802.11b準拠)内蔵
カードスロット miniSD カードスロット×1、W-SIMスロット×1
接続端子 USBポート(miniBコネクター)、イヤホンマイク端子(平型)
電源 リチウムイオン充電池(EA-BL12)、ACアダプター(EA-75)
連続通話時間 約5時間
連続待受時間 約200時間
カメラ有効画素数 約133万画素
外形寸法(mm) 幅 約70×高さ 約130×厚さ 約26(本体閉時、突起部除く)
質量(g) 約220(タッチペン、充電池含む)
主な付属品 USBケーブル、CD-ROM、ACアダプター、取扱説明書、ソフトケース、その他

これで海外でGSM対応携帯として使える機能があるか、もしくはBluetoothが付いていれば言うことなしです(^^)

日本にもこれがきっかけでスマートフォン時代が来るのでしょうか。
今までPDAに触れたことのない一般の人をどこまで惹きつけることが出来るか、が鍵ですね。この機種がヒットすると、今までPDAに興味を持たない、或いは知らなかった人がスマートフォンだけではなく、PDAの世界に目を向けるかも知れない、とも思います。

SONYもCLIEを発展させたスマートフォンを出さないでしょうかね。勿論、TREOがWCDMA対応になるというのも嬉しいのですが…

何か勝手に夢が拡がってきました。

私にとって、問題は一つだけ…

さてと資金をどうしようか…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月19日 (水)

まだのようですね

期待していたWindowsMobile+WillcomのSharp製品の発表は今日はなかったようですね。

「W-SIM(ウィルコムシム)」等の発売について

というプレスリリースはありましたが待っていたものとは違いました。

明日はどうかな…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月18日 (火)

スマートフォン続々

最近続々とスマートフォンが誕生していますね。

b125550 私が一番注目していたのは、HTC Universalでしたが、それ以外にも続々と…

・現段階ではやっぱりHTC Universal

apache だけどApacheやWizardも良いよね…

でもNOKIAやソニエリも…

けれど今注目しているのは明日19日の発表ですね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月14日 (金)

Pocket Tunes

最近Treo650でPIMの次に多く使っているソフト。(時間的にはこちらの方が長いかも)
それがタイトルにしたPocket Tunesです。

以前Treo600を使用した頃、購入時に無償ダウンロードソフトとして提供され愛用していましたが、Treo650ではRealPlayerが付いているので、しばらくはRealPayerを使っていました。

久々にPocket Tunesの試用版をダウンロードし、使ってみたのですが、

やっぱりいい!

ということで先程レジストしました(^^)

スキンは自由に変えられるし、イコライザーで音質も好みに変えられ、SDカードでのフォルダ運用もRealPlayerのような制約もありません。

本来、音楽を聴くのはiPodMiniを使用していたのですが、最近はウチの奥様が優先的に使用しているので…(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月12日 (水)

Favorites Buttonを使ったLauncher機能

Treo650のPHONEアプリの中のFavorites Buttonを皆さんはどう使用しているのでしょう?

私はこのFavorites ButtonをLauncher代わりに使っています。この画面のボタンにアプリを設定できるのですが、起動用に一文字を登録することにより、その一文字を長押しすることによってそのアプリを起動することが出来ます。

例えばXiinoを登録し、起動用にXを設定すると、
緑のPHONEボタンを押し、次にXキーを長押しすることにより、
Xiinoが起動できます。

この機能はPowerRunを使用しSDカードに保存したアプリを登録することも出来るので便利に使っています。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年10月 8日 (土)

egrips装着不能

nabehisaさんの運営するPDAと海馬のエントリーにegripsのみを着けている、という記事を見ました。私も最近までegripsを滑り止めとして着けていて、(格好は悪いけれど)重宝していました。

ところが最近enforaのWiFi Adapterを使うようになってからは、背面にこのadapterを装着するため、egripsが着けられません。
WiFiAdapterは無線LAN使用時のみ装着するのですが、その都度貼り替えるのも面倒くさいので最近は裸状態で使っています。
※落下防止にストラップは付けていますのでそこに手(指)を通しています。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

AgendusPro新バージョンに

日頃、Treo650でPIMとして使用しているAgendusProのバージョンアップをし、v10.01の使用を始めました。以前のバージョンに比べ画面がすっきりしたイメージです。バージョンアップしたてはトラブルがつきものかも知れませんが、しばらく使っている内にまたバグつぶしのupdateがされることでしょう。

それからTreo 650 ファームウェア1.43に期待しています。正式版が出てから当てることにします。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

Treo650、TCで欲しいアプリ

Treo650やTungstenCを使っていて、欲しいソフトが二つ。

C'moA Reader

これCLIEでは使用できるのですが、残念ながらTungstenCやTreo650では動きません。結構、ClIE(TG50)をメインで使っている時にダウンロードしたコミックがあるのですが…。おかげでメインをTreo650に移した今もTG50を手放すことはできません。

RSSリーダー

Palm単独で機能し、日本語対応のソフト、まだないんでしょうかねぇ。BluetoothやWiFiでさっと、RSSリーダーを立ち上げ接続して、という運用が出来るといいのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 5日 (水)

音楽聴くなら…

すっかりTreo650とiPAQ hx2410の2台持ち歩き体制になっています。前回のエントリーでもそうでしたが、今2台を持ち歩き、色々な比較をしてみています。

その中でMusicPlayerとしての両者の比較を。
ヘッドフォンはSONYのノイズキャンセリング機能付きのインナーイヤフォンを兼用しています。またソフトは双方共に標準付属ソフトを使っています。(いずれもMP3)

  • 音量:なぜかiPAQ2410hxでは音量があまり大きくなりません。画面表示上で100%になっていてもそんなに大きな(うるさい)音にはなりません。Treo650では十分な音量があります。
  • 音質:同じ音楽を聴いた時にTreo650の方がクリアな印象。因みにTreo650ではPocketTunesを使用した方が更に良い音になると思います。
  • 画面表示:Treo650のrealPlayerでは日本語の曲名が「曲によって」文字化けします。iPAQでは問題なしです。何事もなく普通に表示される日本語の曲もあるので不思議です。因みにMP3への変換はiTunesを使っています。
  • 操作:Treo650の場合本体横のボリュームで音量コントロールが出来、また起動もその横のボタン一つのなのですぐに起動できます。iPAQの場合はそうはいきませんね。まずは透明フリップカバー(これは外してしまえば問題なし)を開けて、それからアプリを選んで、という手順が必要です。
  • ヘッドフォンの装着:Treo650の場合、標準サイズのジャックではないので、変換アダプタを介す必要があります。(変換不要のヘッドフォンも持っていますが音質が…)
    また位置が本体の下なので胸ポケットにTreo650を入れようとすると逆さまにしないと…。その点iPAQは上位置で標準サイズなので問題ありません。

色々思ったことを勝手に書きましたが、音質等については勿論個人によって感じ方が違うと思いますので、あくまでも私の感想と言うことで。

けれどやっぱり音楽聴くなら手持ちのものではiPOD miniが一番良いですね(^^)

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2005年10月 1日 (土)

最近の使い分け

Treo650とiPAQ hx2410の使い分け

以前(といってもそんなに前でもありませんが)、Treo650一台体制ができた、と報告をしながらiPAQ hx2410についてのエントリーをその直後にしていますが… (^^ゞ

結局のところ、現在、通勤時はTreo650とhx2410の2台を持ち歩いています。朝の自宅無線LANによるWEB巡回&メール受信は日によって(気分次第で)Treo650+Enforaの組み合わせ、もしくはhx2410のいずれかでやっています。

メールについては無線LANではhx2410の方が早く受信でき、WEB巡回はTreo650+EnforaWiFiの組み合わせの方が早い「気が」します。
※一番早く感じるのはTungstenCですが…

W31TとのBluetoothを介したメール受信とWEB巡回についてはなぜかTreo650の方が接続性を含めて良いようです。

WEB巡回についてのhx2410の優位は「文字化けしない」ことに尽きます。Treo650で使用しているXiinoではココログの表示も化け化けですから。(自分のブログが見れないという…)
XiinoがUTF-8に対応するか、NetFrontがTreo650に載れば良いのですけれどね。

PIMについてはTreo650が完全にメインとなっています。会社のPCと同期できるのはPalmだけというのが大きいですが。
hx2410の方にも自宅でOutlookを介して一応スケジュールについては同期化しています。

これからは入力環境等も比較したいと思っています。
勿論、hx2410にはサムキーボードを付けた状態で比較するつもりです。

因みにTreo650とTungstenCの比較では、私の感覚では、
片手入力ならTreo650、両手(親指)入力ならTungstenCですね。
長文を打つならTungstenCが今まで使ってきたPalm系PDAでは一番だと思っています。
TungstenCにBluetoothが付き、更には電話機能も付いた後継機種が出てくれれば、と思っています。

今日は娘の幼稚園の運動会…。
10月になったというのにすっかり夏の天気。楽しみながらも、結構疲れてしまいました。
*特に父兄競技の綱引きで(^^ゞ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »