« WiFi・Bluetooth・キーボード | トップページ | iPAQ hx2410 PIMソフト選択 »

2005年9月24日 (土)

PalmDesktopからOutlook2003へ

前回のエントリーでお話ししたように、PocketPC2003SE搭載のhp ipaq 2410を入手しました。
これから徐々に環境整備を行っていきたいと思います。

私にとってWondowsCE系のPDAはHP JORNADA680以来であり、キーボードの付いていないPocketPCは全く初めてです。
ですから無知ゆえの失敗、誤解もあるかも知れませんがその点はご容赦を。

なぜ今回急にPocketPC機に手を出したか?

  • PalmOSが気に入っているけれど、やっぱり他のPDA OSも気になる。
  • 最近気になるPDA機器の多くはなぜか皆PocketPC(or Windows Mobile5)を搭載している。
  • 自分が必要としていたコンテンツがPalmOS用にはなかった。

その他にもいくつかありますが、別に今回の購入によりPalmからPPCに乗り換えようというつもりはありません。(少なくとも今は)

しばらくはTreo650とipaq hx2410を併用してみたいと思っています。
そこで、まずはPIMデータの共有を、と考えました。

両機共にBluetooth搭載なので、まずはBluetoothにてTreo650からhx2410へデータ送信。結果は見事文字化けでした…(;_;)

次に、Palm DesktopとOUTLOOK2003を同期化出来るソフトはないか、とWEBを探し、試してみましたがなぜかうまくいかず、結局断念。

私の場合、自宅の母艦(PC)側でスケジュールを登録することは少ないので、結局PalmとPPCの共通プラットフォームとしてOutlook2003を使用することにしました。
最近はずっとPalm Desktopを使用していましたが、かなり以前はOutlookを使用していた事もあったので、それほどの抵抗感はありません。

移行についてはTreo650に付属していたCDからOutlookConduitをインストールし、PalmのWEBよりUpdaterを当てて、あっさり完了しました。
※先にTungstenCで実験、しばらくSwitchSync Exというソフトを試用し、TungstenCではOutlook,Treo650ではPalmDesktopを使用する形にして問題ないことを先に確認しました。
今後ももしPalmDesktopとOutlook2003を併用したいと思うことがあればSwitchSync Exをレジストして使えばいいこともわかりました。

今はOutlook2003を通して、Treo650とipaq hx2410のPIMデータが共有されています。

但し、アドレスデータはTreo650のAgendusではきちんと表示されているものの、Outlookやhx2410では、姓名の欄に日本語のフリガナが一緒に入り、見づらくSORTも出来ない状況です。

これからipaq2410用のソフトを色々と試していき、自分に合った環境を作りたいと思います。

|

« WiFi・Bluetooth・キーボード | トップページ | iPAQ hx2410 PIMソフト選択 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131200/6085874

この記事へのトラックバック一覧です: PalmDesktopからOutlook2003へ:

« WiFi・Bluetooth・キーボード | トップページ | iPAQ hx2410 PIMソフト選択 »