トップページ | 2005年9月 »

2005年8月31日 (水)

TungstenC、Treo650のアプリ(11)スケジュール

(11)スケジュール

Palmを使っている中で最も使用頻度が高いソフトがスケジュール管理ソフトです。普通ならアプリの紹介では真っ先に紹介すべき分野と思われます。
それがなかなか紹介できなかったのは今、一番迷っているのがこのスケジュール管理ソフトだからです。

  • KsDatebook Ver.1.6.1

TungstenCではスケジュール管理はもっぱらこのソフトを使用しています。
週一覧画面を起動画面にして使用しています。KsDatebook以前はDatebk等を使用していましたが今はこの一本です。
休日定義との連動は今や私にとってなくてはならない存在です。今日も会社で来年度のカレンダーが決まり、休日定義を使って来年の休日の登録をしていました。

Treo650でも当然のようにこのソフトを使用していたのですが、どうも相性が悪いようです。何度もリセットの嵐に遭い、遂に使用をあきらめてしまいました。多くの方(全員ではない)が体験されているデータ削除等を行った場合です。

以前、クリエの何かのモデルを購入した時にサービスでその前身であるActionNamesのライセンスをもらい、一時期使用していました。久々にiambicのWEBを見たらその説明の中にTreo650もサポートされているようでしたので、KsDatebookをあきらめこのソフトを購入しました。これで快適に安定した環境が、と思っていたのですが…

ある日突然Databaseが全て消失(Calendar,Contacts,Memos等)するというトラブルに遭遇しました。この原因は現在はっきりわかっていません。Agendusのせいと決まったわけではないのですが、それ以降にインストールしたソフトがなく、消える直前まで使用してソフトだったのです。
ただ、その前日にTreo650本体を電車の線路に落下させる、という事故を起こしており、そちらが原因の可能性もあります。(線路に落下しても起動できたのにはびっくりしました)
※今は念のため、本体は有償で交換しました。

再度インストールし、実証してみたいのですが、現在はTreo650を安定しようしなければならないので実験はお預けです。というのはTungstenCを修理に出すことに決めたからです。(こちらは無償交換−SDカードを認識しない問題)
TungstenCの交換が終わってから、実験したいと思っています。

こちらは月間、及び週間のスケジュール一覧に機能を絞ったソフトで、実際の入力、編集時には他ソフトを使用する形です。
これなら安全性が高く、しかも休日定義にも対応しているということで使用してみました。ところが私の環境ではいざ編集、という時に画面切り換えに異常に時間が掛かります。これが日常の頻繁な使用においてはネックになってしまいました。

このソフトについては「ぱむあん。」の極私的マニュアルにその詳細が説明されています。現在私がTreo650で使用しているのはこのソフトです。様々なカスタマイズが可能であり、ユーザ毎に皆さん全く違う設定(表示)で使用されているのかも知れません。
これで休日定義に対応(もしくは自分で設定した休日の色分け表示)してくれたら、というのが贅沢な望みです。
もっとも機能が多すぎてまだまだ使いこなせてはいません(^^

毎日、というより一日に何度も確認し、入力、変更するスケジュール管理ソフトについては現段階ではA5を主に使っていますが、これからもAgendusのNewVersion等も試していきたいと思っています。
因みに今の私のTreo650には上記で紹介した全てのソフトがインストールされており、メモリーを消費しています(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TungstenC、Treo650のアプリ(10)ファイル管理

(10)ファイル管理

これも定番ソフトですが、ファイル管理にはFileZを使用しています。多くのサイトでも紹介されていますが、SDカードのファイル管理を含め活用しています。ビーム機能も標準ソフトではできないファイルも取り扱いが可能です。
最初の内は取っつきにくい部分も多かったのですが、慣れると必須ソフトになります。

こちらも定番ですが、Palm本体のデータベースを定期的にSDカードにバックアップをとることができます。

私の場合はこの2つのソフトでバックアップ→リストアに使用しています。

私のTreo650の場合、時々不安定になるのでこの組み合わせにはお世話になっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月30日 (火)

TungstenC、Treo650のアプリ(9)アドレス

(9)アドレス

英語版Palmを使用する際、日本語版のCLIE等と異なり、フリガナ(英語版にはない)に基づくSORTがいかに正しく対応できるか、という問題があります。
で、私が使用しているのが上記の2ソフトです。

日本語のフリガナを使用している場合、標準ソフトでは姓名の部分とくっついてしまい、SORTはできません。
勿論、漢字の姓名の前にアルファベット等の頭文字を付けるという技を使えば標準ソフトのままでもいけますが。(HP200LXの時はずっとこの技でした)

Agendusの方はさすがに高額なソフトだけあり、SORTは正確ですが、個人的にはAddrexが気に入っています。このソフトがフリーウェアとは作者の方に感謝しております。

ただ電話機能と連動して使うためにはAgendusもしくは標準のContactsを使用することによってアドレス帳から直接電話が出来るメリットはあります。(残念ながら日本国内では使用できませんが)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月29日 (月)

家族旅行

先程、旅行から帰ってきました。今回は一日休暇を取得し、我が家の3人(妻と娘と私)と姉親子(姉、娘2人)、両親、祖母の合計9名での家族旅行で、北海道へ行って来ました。今回の旅行には家族サービスに徹するためにモバイル機器の持ち込みはひかえました。ですからブログの更新も止めていました。

と言いながらもTreo650は持ち込み、W31Tとの組み合わせでメール読みとWEB巡回はしていました…
そのメールチェックの中で、<< MOBILE NEWS >>で自分のブログが紹介されているのを見て驚きました。

北海道を見て、大自然の中でのんびりとガジェットをいじりたいと思ってしまいました(^^

旅行の方は天候にも運良く恵まれ、札幌、小樽の観光と最終日は千歳にあるNORTHERN HORSE PARKに行き、娘(5歳)が初めて馬に乗り(引き馬ですが)、大喜びでした。

5歳児から86歳の祖母まで、皆ペースはバラバラですが、疲れながらも楽しい思い出になりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月26日 (金)

私のPDA歴(2)

私のPDAのルーツはHP200LXから始まったのだと思います。それ以前の電子手帳等も触りましたが、夢中になり毎日持ち歩き、やりたいことが出来るようにソフトや環境を整えたり、という経験はLXが初めてでした。
既成のソフトだけではなく(今のPalmでもそうですが)、多くの方たちが素晴らしいシェアウェアやフリーウェアを開発していただいたおかげで、自分のLXの環境はめまぐるしく変わり、どんどん自分の好みになっていきました。
その頃から使用し、今も使い続けているソフトが昨日ご紹介したTrainやTrainTime(の前身)でした。こういうソフトというのは実際にご自身がPDAを生活の中で使用している方ならではの着想に基づく開発だと思います。

私がLXから離れた理由はEmailやWEBに対する要求が強くなっていったからのなでしょうね。ichidakenから以前いただいたコメントでもご指摘を受けましたが、その通りだと思います。

その後、Libretto20に(PDAではなくPCですが。まあ、LXもミニPCですね)はまりました。発売された当初、私は中国に赴任中だったのですが、日本出張時に買って帰りました。ニフティのPC通信を当時は中国からCompuserve経由でFTOSHIBAを夢中で見て情報収集をしていました。
かなり気に入りましたが、どうしてもLibrettoだけではPIMを「必要なときにすぐに」という使い方ができず、この点が不満でした。因みにソフトは当時Sidekickというソフトを使っていました。以降はしばらくミニノートPC(Libretto20→Let'sNote miniAL-N4)とPDAを使い分けるという形が続きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月25日 (木)

TungstenC、Treo650のアプリ(8)時刻表/乗換

(8)時刻表/乗換案内

今回は時刻表や2駅間の路線を調べる便利なソフトの紹介です。いずれも定番ですので使用されている方が多いと思います。

このソフトについてはHP200LX版よりお世話になっています。関東版と東京版のデータを入れて使っています。
2駅間の最短経路を簡単に調べられます。

こちらもHP200LX版よりお世話になっています。TrainConv Explor等の時刻表変換ソフトを使用して時刻表データを準備したり、自分で時刻表データを作成したりして使用しています。DA版とアプリ版、AppShelf モジュール版が同梱されています。

  • Palm乗換案内 Ver.1.03

こちらは乗換案内のCD-ROM(年間契約版)に同梱されているソフトで、名前とは異なり、PCにインストールした乗換案内より時刻表を抽出し、Palmで時刻表の閲覧を出来るようにするソフトです。単体では発売されていないようです。
非常に簡単にデータ抽出でき、Palmに持ち出せるので便利です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月24日 (水)

TungstenC、Treo650のアプリ(7)PDFビューア

(7)PDFビューア

最近は携帯電話でもPDFが読める機種が増えていますが、勿論Palmでも読めます。本家Adobeのホームページよりダウンロードできます。日本語版はv3.0.5ですが、英語版ではv3.0.8です。Treo650では日本語版を、TungstenCでは英語版を使用しています。HotSync時、SDカードへの直接転送が可能です。日本語版では英語版と異なり、eBookがサポートされていませんが、電子書籍については私はもっぱらブンコビューアですので、影響なしです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月23日 (火)

TungstenC、Treo650のアプリ(6)目覚まし

(6)目覚まし

順番がメチャクチャなアプリ紹介ですが、今回は「目覚まし時計」を紹介します。目覚ましと言うよりアラームと言った方が良いのかも知れませんが、私の使用目的としてはやっぱり目覚ましです(^^ゞ

私の一日の始まりはこのTreoAlarmから始まります。Alarm音にはMIDIが使えるので、好きな音楽をDownloadし、目覚まし音楽にしています。アラームは8個登録できるのでアラームのタイトルをわかりやすい名前にし、曜日毎、行き先毎に分けています。
尚、このソフトはTreo600/650専用で、TungstenCでは使用できませんでした。

定番ソフトとなっているBigClockです。Treo650に使用しているのはTreo600専用となっているバージョンですが、650でもそのまま使用できています。
こちらはWorldtimeに対応しているので、海外出張時に便利です。それから画面背景(Themes)もWEBからダウンロードでき自由に背景を変えることが出来ます。

  • Treo650;World Clock v.2.0.1
  • TungstenC;World Clock v.1.0.1

これは両者共に、標準内蔵ソフトです。Treo650の方がバージョンが新しく、世界地図が表示されクリックすることにより各地の時間が表示されます。こちらは残念ながらAlarmのセットがそれぞれの地域の時間毎には設定できないようなので、やはり海外出張では前述のBigClockが便利です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月22日 (月)

TungstenC、Treo650のアプリ(5)HandStory

(5)HandStory

このソフトのジャンル(名前)は何と言えばわからないので、ソフト名そのままをタイトルにしてしまいました(^^ゞ

詳細はリンク先の情報をご覧いただきたいのですが、私にとっての絶対必需ソフトです。

  • PCで閲覧したWEB情報のクリップ
  • 標準のMemosの置き換えソフトとして(入力も勿論OK)
  • PCで変換した画像のビューアーとして
  • Docリーダーとして

等々、様々な機能を持ちます。ご使用中の方も多いかと思いますが、未だの方にはオススメのソフトです。PC本体でクリップ、コンバートした情報(右クリックでメニュー表示)はHotSyncによってPalm側にシンクされ、その際、SDカードへのダイレクトの転送も可能です。

気になるWEBをとりあえず、クリップし、Palmに転送し、電車等の移動中に内容を読むといった使い方ができます。ソフトのマニュアル等をWEBからクリップし、Treo650のSDカードに保存し、必要な時に見たりしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なぜPalmなのか?

どうして他のOSも経験していながらPalmにこだわっているのか?

今となっては日本語版の販売は期待が薄く、使用にあたってはまずは日本語化させることから始めなければなりません。PPC(日本語版)やZAURUSならこんな手間はないですよね。
けれど今、「手間」と書きましたが、本人あまり手間とは思っていなかったりもします。むしろ楽しみに近いものを感じているのかもしれません。
かといって、日本語化ができた時に感動するかというと、そうでもないですね。以前、HP200LXの日本語化の時には感動しましたが、Palmではもう既に偉大なる先人のソフト開発者の方たちの尽力により、J-OSという素晴らしいソフトがあり、最近ではJaponやCJKOSなどその選択肢も広がっています。

PalmにこだわるのはPalmOSに対する「愛着」感が強いのかも知れません。なぜかははっきりわかりませんが。
初めてIBMから発売された日本語版WorkPad30Jを使った時、その軽快感がすごく気に入りました。PCのスケジューラや住所録と簡単に同期がとれ、フリーウェアやシェアウェアをインストールしまくりました。感覚的にはMacintoshの感覚に近かったと思います。(以前はMacのユーザでしたので)

今もPalmを使い続けているのですが、その理由の一つに業務上での使用があります。私が勤務している会社では社員用のスケジューラにiOfficeを使用しているのですが、Palmと同期をとることができます。(他のOSについては社内では許可されていません)
ですから、会社ではiOfficeと同期化し、自宅ではPalmDesktopと同期しています。会社のiOfficeでは1ユーザ扱いですので、TungstenCとの同期でも、Treo650との同期でも同じスケジュール上に登録されます。その点を利用し、私のTungstenCとTreo650(勿論UserIDは分けています)の両Palm間でスケジューラの同期がとられています。

たとえ他のOSのPDAを購入してもしばらくは業務用のスケジューラとしてはPalmを使用することになりそうです。
問題はPalm側のスケジューラです。今までのPalmではKsDatebookを定番として使用していたのですが、Treo650とは相性が悪いようで、今はA5やAgendusも試用中です。Agendusについては最初は問題なかったのですが一度DatabaseがTreo650内から消失、というトラブルを経験(原因がAgendusに限定されているわけではありませんが)してから使用を止めています。この時はスケジュール、住所録、メモの全てのDatabaseが突然消えてしまったのです。

けれど私がPalmにこだわる理由はそれだけ(業務上の理由)ではないようです。或いはもっと単純に「気に入っている」とか「しっくりくる」という理由だけかも知れません。

と、言いつつ、今、実は他OSのPDAを発注し、納品を待っている状態です。
ちょっと(かなり)楽しみ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月21日 (日)

TungstenC、Treo650のアプリ(4)WEBブラウザ

(4)WEBブラウザ

PalmでWEBを見る際の環境ですが、TungstenCでは無線LAN(自宅や外の無線LAN環境)、Treo650ではW31TとBluetooth接続なのはメールの場合と同様です。

Xiinoの機能面は気に入っていますが、一つ私の使用上、大きな問題があります。既に周知のことと思われますが、UTF-8非対応なのです。つまりココログ関連は文字化けで読めず、他のWEB、ブログでもUTF-8のものは文字化けで読めないのです。
そこで、UTF-8のWEB、ブログを見る際にはTungstenC内蔵のWeb Browser v.2.0.1.1を使用しています。また外部の無線LANサービス(無線LAN倶楽部等)でもその都度ログインを必要とするものについてはXiinoではログインがうまくできず、Web Browserを使っています。

Treo650の場合、私の環境ではそれ以前の問題があります。前述のように、au携帯のW31Tを使用しているのですが、繋がってもすぐに切れてしまうのです。(3分間?)
これについては、W31Tの取扱説明書に「ダイヤルアップ接続状態で、3分間発信しないとダイヤルアップ接続状態が解除されます。」と書かれており、W31Tの仕様上の問題です。購入時にはこんなこと知りませんでした(;_;) メールなら問題ありませんけれどね。

因みにTreo650にはWEBブラウザとしてBlazerが搭載されていますが、これを使おうとすると内部の電話を掛けにいってしまい、「日本国内では」使用できません。これは今度海外出張時にでも試してみるつもりです。

そんなわけで現在のところ、WEB閲覧については無線LAN環境下ではTungstenCを活用していますが、Treo650はWEBについては出番がありません。

もっとも携帯の電波が繋がる状況であれば、素直にW31TのPCサイトビューアーを使えばいいんですけれどね。(意外と実用的です。定額上限もあるのでパケ死の心配もないし)

<追記>2005.8.22
Treo650でもXiinoのブックマークに登録し、巡回設定にしておけば、W31Tと繋いで一括で巡回し、後からオフラインで読むという使い方は問題なくできることを追記しておきます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年8月20日 (土)

Treo650からのエントリ

u*BlogというBlogエントリソフトをぱむ屋さんのHPよりダウンロードし、早速テストエントリーをしてみることにしました。
というわけでこの文章はTreo650で入力しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TungstenC、Treo650のアプリ(3)メール

TungstenCには無線LAN、Treo650にはBLUETOOTHが備わっています。
これらを利用してWEBやブログ、E-mailを使用しています。

(3)メールソフト

普段私は毎朝出勤前に家の中の無線LAN環境にてTungstenCでメール受信、また、仕事が終わって帰宅前にはTreo650にてW31TとBluetooth接続でメール受信をしています。通勤の往復の電車の中でメール読みをしています。

TungstenCにBluetoothがつくか、もしくはTreo650に無線LAN機能があればこんなことにはならずどちらかに一本化しているのでしょうね。メールソフトとしてはAgendus Mailが気に入っています。メールの文字コードからくる文字化け、表示不能等も殆どありません。Papi-Mailではこのあたりに不満が残りますが既に有償版の販売も終了している中、今後の改善も期待できませんね。本当はTungstenCにもAgendusMailをインストールしようかと思ったのですが、ソフトウェアのライセンス上どうかなぁ、と思い、入れていません。(Agendusのソフトの場合機種個別のコードに応じた解除コードが必要)

それからメールソフトというべきかわかりませんが、QRMailも便利に使わせていただいています。TungstenCやTreo650でQRMailを起動し、キーボードを使い快適に入力後、QRコードに変換し、W31Tで読み取りそのまま送信。携帯の文字入力が苦手な私は中〜長文メールを外出先から送る際にはもっぱらこの方法です。

Treo650が日本国内でも電話として使えれば私のメール環境はよりシンプルになりますね。昨年海外出張にTreo600を持参した際は現地のGSMのSIMカードで日本にいる時より気軽にメールが使用できました。今年はTreo650で試す予定ですが肝心の海外出張が決まっていません(^^ゞ

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2005年8月19日 (金)

TungstenC、Treo650のアプリ(2)日本語入力

(2)日本語入力

日本語入力といえば、大昔MS-DOS機で一太郎Ver.3を使い始めた頃からあらゆる環境下でATOKを使用してきました。他のFEPはもはや考えられない感じです。
因みに、TungstenCではLarge辞書を内蔵RAMに置き、Treo650では同じくLarge辞書をSDカードに置いて使用しています。Treo650ではSDカードのLarge辞書以外にSDカードがない状況でも使えるよう、内蔵RAMにSmall辞書を置いています。

入力はTungstenC、Treo650共に(当たり前かもしれませんが)キーボード入力です。キーボード入力に慣れてしまうと以前のGraffiti入力には戻れません。デクマ手書き入力も経験しましたが、やっぱり文章入力はキーボードが一番と思っています。

尚、FEP切換(日/英)については、

を使用しています。特にKeyReplaceを使用することによってATOKの文節区切りの変更なども簡単にできるようになり、画面をクリックせず、キーボード操作に集中できるというメリットがあります。こういういわば痒いところに手が届く、ソフト開発者の方に感謝です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TungstenC、Treo650のアプリ(1)日本語化

TungstenCとTreo650で使用しているアプリを一部リンク付きで紹介します。

(1)日本語化

Treo650でJ-OSではなく、Japonを選んだのは、メニューキーの2度押しでコマンドラインに行く機能が気に入ったからです。
また、以前treo600使用時にはCJKOSを使用していましたが、これは仕事で中国方面への出張が多く、中文表示・入力機能を必要としていたためです。今後の中国出張時には、Treo650にCJKOSをインストールし、中国GSMのSIMカードを入れて文字通りスマートフォンとして使用することになると思います。
CLIEが生産終了となった今、PalmOS機は英語版(もしくは他国版)になってしまいますので、こういった日本語化ソフトを開発していただいた方々には本当に感謝しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月18日 (木)

私のTungstenC修理歴(^^ゞ

私のTungstenCは実は既に5台目です(^^ゞ

  1. 1台目…Covertecのケースに入れ、ベルトクリップでズボンのベルトに留めていましたが、どこかでぶつかったらしく液晶が破損… 有償交換:\13,700
  2. 2台目…快調に使用していましたが、ある日突然充電不良(充電ができない)に…こちらは無償交換
  3. 3台目…こちらは無線LANに繋がらないトラブル…無償交換
  4. 4台目…何と3台目同様に無線LANが繋がらない…またもや無償交換
  5. 5台目(現在)…無線LANも快適に繋がり、日常使用。ところがSDカードが認識されない問題(たまに認識される)あり。既にPalmのサポートセンターとはコンタクトをとっており、修理(交換)の予定。

というわけでトラブルが続き交換を繰り返しています。(けれどサポートセンターは迅速に対応してくれています)

私が今まで使用してきたPDAの中ではTreo650と共に最も気に入ったPDAの一つです。もう既に生産は終了しているようで残念です。後継機は出ないのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私のPDA歴

まずは今まで所有していたPDAの一覧を。末尾に◆があるのが今も所有しているPDAです。

【MS-DOS】

  • HP 200LX
  • NEC MobileGear MC-K1

【Windows CE】

  • CASIO CASSIOPEIA A-55V
  • hp jornada 680

【Palm OS】

  • IBM WorkPad 30J
  • IBM WorkPad C3
  • Handspring Visor PRISM
  • SONY CLIE N650
  • SONY CLIE NX70V
  • SONY CLIE UX50
  • SONY CLIE TG50 ◆
  • SONY CLIE NX80V
  • SONY CLIE TH55 ◆
  • Handspring treo 90 ◆
  • Palm Tungsten C ◆
  • Palm Treo 600
  • Palm Treo 650 ◆

今のメインは、Tungsten CとTreo650の2機種です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はじめまして

はじめまして、BJです。
今日から初めてのブログを開設することにしました。

PDAネタが多くなるかと思いますが、形にこだわらず身の回りの出来事など気軽に書き込んでいきます。
よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

トップページ | 2005年9月 »